【就活入門】僕の就活はこういうスケジュールでした

後輩の就活生によく聞かれるのが、「この時期何をしていましたか?」という質問です。就活は一般的には6月から面接解禁といった決まりが一応はあるのですが、実際にはそれ以前に選考を行なっている会社も多く、就活生それぞれの受ける会社によってスケジュールは大きく変わります。

当記事では、ノブナガがどのようなスケジュールで就活を行ない、それぞれの段階で何を考えていたのか、ということをお伝えします。もちろん、この通りに進めないといけないというものではなく、「この時期にこういうことをして上手くいった先輩がいたんだ」という一つの目安にしてほしいと思います。

12月:インターンのES書きまくった

この頃に留学を終えて日本に帰国しました。この時点では、就活と言えることはほとんどしていませんでした。やっていたことといえば、海外からも面接をしてくれる外資系などの企業のインターン面接に申し込んだくらいです。(全部落ちた)

当時はめちゃくちゃ焦っていたことを覚えています。なぜなら、自分の同期の友人の中にはすでに総合商社や外資系銀行のインターンを経験している人もいて、僕はひどく遅れていたからです。外資系企業の内定を持っている人もすでにいましたね。

とにかくインターン面接に申し込みまくった

本当にゼロからのスタートで、マイナビやリクナビなどに登録するところからのスタートです。どのような業界や企業があるのか知るために、大手企業のインターンシップに申し込みまくりました。商社・IT・コンサル・メーカー・金融・不動産など思いつく限りの有名企業のインターンシップ選考に応募しました。12社くらい提出したかな。

ちなみに、この頃から大手志向。周りも大手を志向する人が多くて、特に大手志向という所にはなんの疑問も持たず就活を開始しました。やっぱり大手は安定してるし、給料もそこそこいいからね。もちろん会社によるのですが。

就活の準備も本格化

ESを書くのもほぼ初めてだったため、とにかくワンキャリをみてES書きまくってました。あとはSPIも受けまくってましたね。インターン選考の時期にはWEBテストが多いので、それも実際の試験を解きながら本を買って対策したりしてました。

TOEICも12月中に受けに行きました。この時期に受けないと、結果発表が3月のES提出に間に合わないので、就活生のみなさんは注意してくださいね。ちなみに、TOEICのスコアは810点でした。

1月:とにかく足を運んだ一ヶ月

1月は就職活動の中では一番忙しい時期でした。インターンシップ選考の面接や、OB訪問、スカウトイベントなど本当に忙しかったです。

就活の洗礼を受ける

インターンシップ選考の締め切りは年明けすぐが非常に多かったので、ほとんどの気になった企業に提出しました。ESの結果は一週間以内に来る企業が多かったため、学校が始まると同時に面接に行き始めました。ちなみに、ESの通過率は5割くらい。そもそもESしか見ない企業もありましたし、学歴で切られるような企業もあったためかなり厳しかったです。

日程が合わずに辞退したものを除けば、インターン選考に参加したのは5社くらい。一月中旬から末にかけて参加して、GDと集団面接が半々ずつでした。

ここで初めてGDや面接を経験したので、本当に緊張しましたね。最初のGDなんかは、7人という大人数でやったので全然発言できず。面接に関しては、ESについて聞かれるとスラスラ答えられたのですが、ケース面接をさせられた時はめちゃくちゃ緊張して、意味分からないことを口走っていました(笑)

結局、大手金融にインターンが決まり、ちょっとほっとしたのが一月末頃(それ以外は全落ち)。また、そこまでで面接やGDについてもある程度の経験が積めたので、少し自信がついてきました。トライアンドエラーでめちゃくちゃ受けまくってたのがあとで生きてきます。

スカウトイベントとOB訪問

就活を始める前に友人に「就活何やればいい?」と質問した結果、帰ってきたのはスカウトイベントに参加することとOB訪問でした。1月は、この2つにも手をつけました。

スカウトイベントは意外とためになった

スカウトイベントは2回参加しました。MeetsCompanyというスカウトイベントに参加したのですが、自分では見つけられないような企業をたくさん紹介してくれて面白かったです。あまり有名ではない東証一部上場企業やベンチャー企業などを知って勉強になっただけでなく、そこからインターンシップにも1社参加させてもらいました。

基本的にグループワークで進むイベントなのでGDの練習にもなるし、自分でナビサイトをポチポチしているだけではたどり着かない企業を知ることができます。大手しか見られていない人には本当におすすめ。

大学の先輩にOB訪問

OB訪問については、同じ大学で自分の気になる企業に勤めている先輩を友人から紹介してもらい、1月に2人のOBと会いました(一人は自分の内定先の先輩)。大学の先輩なので、OB訪問というか就活の相談に乗ってもらうというような感じでしたね。この2人には、後にESの添削や面接の相談にも乗ってもらい本当に助けてもらいました。

しかし、これ以上はやる必要がないかなと思ったので、OB訪問はこの2人で終了。商社の選考が「名刺集め」と呼ばれているのは有名ですが、商社などのOB訪問で選考まで引っ張ってくれる会社を受けるなら、たくさんOB訪問をしないとダメですよ!

2月:初の5daysインターンシップと本選考開始

2月もかなり忙しい時期でした。春のインターンシップをここで実施する企業が多く、本選考を開始する企業も少しずつ増えてきます。相変わらず大企業ばかり見てましたが、説明会等にもちょくちょく行ってました。ちなみに、2月にはテストセンターのSPIを2回くらい受けに行きました。

つまらなすぎた5daysインターンシップ

一社だけ選考で通過した大手金融の5日間のインターンシップに参加しました。会社の業務を体験するというのがインターンの内容でしたが、内容は全てグループワークです。

6人で1つのグループで全部で100人近くの参加者がいたと思います。この時点で、ほぼ選考には繋がらないことが分かり、モチベーションはかなり下がりました。しかも、内容も学生向けのかなり幼稚な内容で、「インターンシップといってもこんなものか」と落胆しましたね。

もちろん、多少は得るものがあったのですが、朝早起きして満員電車に乗るのが辛いという印象しか残っていませんでした(泣)就活生は「そのインターンシップが選考に関係あるか」しっかり見極めて取り組まなければなりません。

志望度の高い企業の面接を受けるも撃沈

2月の後半からは、志望度が結構高かったコンサルとITの2社の面接に行きました。どちらも大手で、給料も良くてそのまま入社してもいいかなと思えるくらい。初めての本選考でかなり緊張しましたね。1次面接はどちらも問題なく通過して、「意外とイケるやん」と嬉しかった。

しかし、そう簡単に内定がもらえる訳が無い。コンサルの選考については、ケース面接のテーマがあまりにも馴染みがないものだったのと、純粋に経験不足で2次面接で落とされました。IT企業については、その会社の志望理由が論理的に説明できずに、こちらも2時面接で落とされました。

ここで結構落ち込みましたね…。内定獲得の壁を感じました。でも、ここで失敗したのが本当によかったんです。面接における論理性の不十分さや、面接官に自分の志望をどのように伝えるべきかということを身をもって勉強することができました。

ちなみに、スカウトアプリであるニクリーチでマッチングした企業の説明会に行ったのものこの頃でしたね。スカウトアプリはdigmeeキミスカなど様々ありますが、好みで使い分ければいいかと。

3月:本選考ES提出とエージェント登録

3月1日は就活の情報解禁日。ナビサイトから本選考への申し込みが可能になるのがこの日でした。その中に、本選考を受けようと考えている企業のページをチェックして、ES提出の期限やESの設問などを確認しました。

この時期って、就活生は意外と暇なんですよね。インターンシップ等もすでに終わってるし、選考もほとんどない。僕の場合はコンサル企業2社の選考に進んでいましたが、それ以外は何にもないので、まったりとESの執筆やSPIの最終的な対策をしていました。(SPIは3月に2回くらい受けてそれ以降受けてません。)

自分の志望企業については、この時点でほとんど大手のIT企業に絞っていました。なので、3月中に提出したESは7社くらいでした。志望企業の優先順位もだいたい固めておき、志望度が低い企業に関しては締め切りギリギリでESを提出しようと放置しておきました。

就職エージェントに登録した

ちょっとずつ本選考の結果が出始めてたとは言え、この時点では内定はゼロ。そのため、友人の勧めもあって、就活を支援してくれるエージェントに登録しました。エージェントは直接会って話を聞いてくれました。

就職エージェントは、志望業界であるコンサル・ITの中小企業・ベンチャー企業を数多く紹介してくれました。当時は本選考に2社進んでいたため、説明会などには応募しましたが、結果的には早めに内定が出たため説明会等には参加しませんでした。

大手しか見てなかった僕に中小企業や名の知られていないBtoB企業を紹介してくれたのは本当によかったと思います。スカウトイベントと同様に、”無い内定”に対するリスクヘッジになりました。それに、エージェントの方のアドバイスがもらえて自信もついてよかった。

4月:初の内定GET

4月初旬に、選考に進んでいたコンサル2社の最終選考があり、そのうちの1社から内定をもらうことができました。本当に嬉しかった。内定を頂いた企業は、大手で給料も比較的高く海外に行く機会もかなりありそうで、「入社したい!」と思える企業でしたね。家族にもとても喜んで貰えて、マジで嬉しかった。

この時点で、他に内定貰えなかったらそこに行くと決めたので、志望度が高い企業3社だけを残し、それ以外の企業の選考は辞退することに決定しました。

そのうちの2社の選考が4月中に実施されていたので、また面接やGDに行きました。この頃には、内定の獲得や、最終面接での落選も経験しているため、かなり自信を持って選考に進めるようになっていました。もちろん、内定があるという安心感も自信を裏付けてくれましたね。

5月:当初から第一志望だった企業に内々定を貰う

5月初旬には、就活を始めた頃から第一志望に設定していた企業の最終面接があり、その翌日には内々定を頂きました。第一志望と書きましたが、就活を始めた頃には雲の上のような存在の企業だったので、内々定通知の電話が来た時は天にも登るような気持ちでした。

この企業に行くことをほぼ確定させたため、先に内定を頂いた企業には内定辞退の電話をしました。(人事の人の悲しそうな声が忘れられない…。多分、僕以外にも相当数の辞退者がいたと思われるので)

5月には内定者同士の交流会や飲み会などもあり、非常に充実した一ヶ月になりました。

6月:就活が本当に終了

6月1日には、第一志望の企業に正式に内々定をもらいました。5月の時点では正式な内々定ではなかったようです。多くの企業がこのような形を取り、6月よりも前に選考通過者に内々定を出すよという通知をし、6月1日に正式に内々定を出しています。

こういう形で内々定を出す企業が(経団連に加盟しているとか関係なく)本当に多いので、就活生は面接は6月以降にあるものだと思ってたらダメですよ。6月1日時点で就活は半分終わってると思った方がいい。

また、かなり第一志望に近かった企業の選考があったので、一度だけ面接に行きました。一次面接だったのですが、本気度が低いのが伝わってしまったのか、その後はお祈りメールも来ませんでした。残念。おそらくこの企業も、この時点で相当数の内定を出していたと思います。

その面接を受け終わった時点で、僕の就職活動は本当に終わりを迎えました。もちろん5月の時点で一旦終わっているので、5月からかなり遊んでいたんですけどね。でも、それ以降は面接を受けたりとかはしていません。

終わったらやった方がいいことと言えば、ナビサイトからくるメールがこれ以上送信されない設定にすることですかね。あとは、内定者の友達を作っておくと楽しいよ。

最後に

以上の僕の就活スケジュールを、就活を進める上での一つの参考にしてみてください。時系列そのものは重要ではなく、「どのように経験を積んでいくべきか」とか「自分はこれをしていなかった」とか、見方は色々あると思います。

それでも、僕の就活スケジュールから読み取って欲しいことが2点あります。それは、本選考までの経験の積み方とリスク管理についてです。ここについては、別記事でまとめます。

「ここをもっと詳しく?」といった質問があれば、TwitterのDMワンキャリQAまでお気軽にどうぞ!